困った時は

主婦の方がカードローンで困ったことがあった場合は、まず公式サイトで情報を確認してから、カスタマーセンターに電話しましょう。

 

融資に関しての問題で起きやすいものをあげてみますと、返済ができない、カードを無くした、住所や支払い方法の変更があるなどです。オペレーターが対応してくれます。

 

実際に、融資を行う信販会社で督促をしていたことがあります。支払いが出来ない場合、電話や書状で連絡が来ます。この時、居留守を使う方がかなりおいでですが、担当者は支払えない分を今すぐ払えとは言いません。

 

電話に出てきちんと支払えないことを謝って、事情を話せば分割や支払日の変更をしてくれることがあります。どのような手段をとるかはその担当者の考えですが、そのまま放置しますと、督促が進みます。

 

よくカードローンなど支払えない方が踏み倒したという書き込みをしますが、そのままですと、債権回収会社に督促が移行して、信用情報の傷が決定します。数年単位で融資が受けられなくなります。

 

携帯端末のローンなども影響があることがあるので、支払いが出来ない場合は、放置せず連絡を入れましょう。事前に連絡をすれば、対応もスムースです。病気や急な解雇等で支払えないことは金融業者も想定済みです。送れるのはよくないことですが、対処をできないで、法的措置になるよりは良いでしょう。

 

今増えている問題が、個人情報の漏えいです。通常、金融業の人間は守秘義務遵守を徹底させられます。スタッフは職場から出ますと仕事の話は一切してはいけないと躾けられるのです。電子メール、葉書等でカードローンの申し込み案内や督促が来た場合はまずは新手の詐欺だと思ってください。

 

どこかから情報を入手して、皆様に誘いをかけます。一般のカードローンが皆様の情報を自分から入手することはありません。よく似た名前やデザインのダミーサイトを作っている詐欺が多いので、必ず公式サイトや消費者生活センター等の情報を確認しましょう。

 

融資に関する相談窓口も控えておきましょう。債務整理など法的な問題になった場合は、各法律事務所、弁護士会、司法書士会などが相談に乗ってくれます。また、無料の相談は、法テラス、日本司法支援センターという全国にある機関が最初の相談に乗ってくれます。

 

弁護士費用の立て替えもあります。使うことはそう無いでしょうが、しっておくと安心して融資を申し込み、活用できます。もっとも、慎重に融資と向き合う姿勢は大切ですが。