収入のない専業主婦

専業主婦の方のように収入が無い状態でカードローンを使う、これは残念ですが、非常に難易度が高い話です。消費者金融はまず申し込むことが出来ません。そして、信販会社のキャッシングもです。

 

何故かといいますと、このふたつは、貸金業法の管轄のもとにあります。そのため、年収の3分の1以下しか融資を行なえない総量規制にかかってしまうのです。ゼロは何をかけてもゼロです。収入の無い状態では与信枠はつきません。

 

また、仕事というのはある意味身分証明なのです。恒常的に支払いを続ける技量があるということが分かるまで金融業者は、融資を行ないません。信用が無い状態です。

 

専業主婦が借りれる可能性としては、銀行系のカードローンです。貸金業法の規制を受けていません。そのため、年収が無い、もしくは低くても申込みが出来る可能性があります。

 

しかし、銀行は元々は財閥などが作った金融の原動力とも言える金融機関です。ステイタスが高いところが多く、細かくチェックが入ります。

 

無収入の状態で銀行カードローンを世帯主に断りなく使うのは無理に近いか、金額に制限が出てしまうことがあります。収入証明が必要なことが多いのです。

 

よく、ご自分の収入を偽る方がいます。私は以前に信販会社の仕事をしていました。なので、嘘をついても無駄だという事が分かります。皆様が、申し込んだ融資の記録は信用情報に反映されます。

 

そして、「在籍確認」という仕事をしていることの確認の電話があるので、無職であることはわかります。また、収入が無い状態で融資を受け返済に行き詰った場合、最悪の場合は債務不履行による自己破産、または信用情報の瑕疵、要はブラックリストで、数年間融資が受けられなくなります。

 

虚偽の申告は金融機関はまず赦しません。督促の現場でも嘘をついてしまうと一気に厳しくなります。一括返済や、強制解約というカードがあるのです。お金が無いのに融資を受けるのは無謀と判断されやすいのです。

 

どうしても、無収入で融資を受けるのなら、カードローンではなくとも幾つか方法があります。世帯主に家族カードを作ってもらうこともできます。家計の収入がご自分とご家族の収入としてカウントされます。

 

次は質屋、ブランド品や貴金属など質草があればその価値に見合った金額の融資をしてもらえます。収入証明や信用情報は気にせずに済みます。

 

買い物ならショップクレジット、ウェブクレジットという単体の融資もあります。物がある方が担保に出来るので申込みに必要な条件が軽くなるのです。必ず大丈夫とは言えませんが。