業者ごとの金利設定

金利、元金に占める利息の割合や、その支払い方式はカードローンの業者によって大きく異なります。また、融資上限額もその企業によって違いますので、申込みの時には確認しましょう。

 

融資上限額は各々開きがありますが、消費者金融ですと多くて300万から500万、そして信販会社は500万から800万程、銀行は500万以上ということが多いです。

 

勿論、この金額全額借りるということはないのですが、枠が100万しかないという時に80万融資を受けるのと、500万ある時に80万受けるのと大きく意味合いが違います。後で増額を緊急に頼むこともありますので、そこも比べておきましょう。

 

また、この上限額というのは、金利にも影響します。貸金業法、そして利息制限法によって融資額によってとっていい金利が決まっています。

 

20パーセントが上限なのは10万以下の融資を受けた時、100万以下になりますと18パーセント、それを越すと、15パーセント以下になります。主婦の方がカードローンを借りるときには出来たら今お持ちの使わないキャッシング等は解約してまとめてしまう事をお勧めします。

 

何かあった時に使える額と融資を受けた時の金利が半端なものですと、洒落にならないのです。10万以下の融資を3つだらだら払うのと、ひとつにした時のひと月あたりの利息は各段に違います。返済期間が長くなるという問題はありますが。

 

また、金利方式にも注意してください。元金定率、元金定額、元利定率、元利定額、残高スライドリボルビング方式、定額リボルビング方式、アドオン方式等利息の考え方は沢山あります。

 

単純にどういう部分に注意したいかというと、返済が長くなったときいかに利息を減らすかです。リボルビングのように定額で使ったら利用限度額が戻るというようなものですと、ハムスターの回し車のようにずっと利息を支払ってどんどん借りてしまうことになります。

 

残高スライド方式を金融機関が採用しているのはこれは融資を受けた額に応じて最低支払額が決まるので、比較的元金が減りやすい傾向があります。ですが、多くのコンビニATMは支払が千円単位なのです。

 

小銭は出てきません。お札は小さくなるとあっという間に無くなってしまいます。本当に今必要なお金なのか、そして、他に方法はないのか考えてカードローンを利用してください。

 

そうしないと少額の出費を繰り返していくうちに利息が膨れ上がってしまいます。業者の融資の条件は必ず確認しましょう。経営状態で金利が変化することも多いです。