非正規雇用でも利用できるカードローン

さまざまな雇用形態が存在する現在ですが、女性は非正規雇用のことが多いのです。かつては非正規雇用ですと、中々融資の与信枠が付与されなかったのですが、今は時代の多様性をくみ取って、非正規雇用でも利用できるカードローンが出現しています。定期的に収入があって、基準を満たしていれば、申し込みが出来ます。

 

ここで、雇用の形態を確認してみましょう。皆様、お手許に源泉徴収票もしくは、確定申告の領収書はあるでしょうか。前者は雇用されて、もしくはそれに準じた仕事をなさっている方です。正社員、契約社員、派遣社員、パート、アルバイトなどが該当します。

 

この形態でも、融資を行ってくれる金融業者は多いのです。ただし、職歴、仕事を続けている期間が短い方は、すぐにやめてしまうのではないかという疑いが生じますので、若干不利になるというのが金融業界のセオリーです。

 

カードローンへの申し込みが若干厳しくなるのは、自分で申告する自営業と自由業の方です。仕事をしているか申込みの確認の電話があるのです。自由業で、家で仕事をしていると起きるのは申し込みに使った携帯電話に在籍確認の電話がかかってくることです。

 

融資の事実が分からないからいいといわれそうですが、やはり仕事が不安定ですと、相手の見る目はシビアになります。こちらも、どれぐらいのキャリアがあるかや収入等も申込みの時に考慮されますので、きちんと伝えておきましょう。

 

また、事業者向けに生活費のローンが別にあります。消費者金融や、信販会社、銀行などが融資をしてくれ、事業資金、仕事に必要な部分は使っていいということになっています。ネットショップの買い付けなどをする方は、あると便利です。

 

インターネットではない、卸さんはクレジットカードを使わせてくれないことが多いですから。選択肢はカードローンだけではありません。別の融資の方が向いていることもあります。

 

非正規雇用でも申し込めるといっても、必ず融資が受けられるわけではありません。収入との兼ね合いもあるので、無理はせず、自分が返済でき必要な分だけ融資を受けるようにしましょう。

 

そうすることで総量規制等のハードルに引っ掛かりにくくなります。また、申し込んでから融資がおりるまでの時間も金融業者によって開きがあります。即日のところもありますし、数日かかるところもあるので、余裕をもってカードローンに申込みをしましょう。よく考えて選びたいですね。