返済で注意する事

主婦の方がカードローンを利用する時は、支払う時のことを考えて申し込むべきです。返済方法によって、利便性は大きく変わります。また、入金してから確認にかかるまでの時間は、方法によって変化します。

 

クレジットカード会社にいた時、支払い遅れのお客様には支払いの約束をした日に入金できたら電話を頂いておりました。何故かといいますと銀行やコンビニATMでの支払いは、確認が取れるようになるまで、数日かかることがあります。

 

土休日を挟んでしまうと、かなりかかってしまいます。その間は督促の電話がストップしないので、先に電話を頂くのです。業者によりますが。

 

カードローンの支払い方法は次のようなものがあります。ATM、自動契約機での入金、引き落とし、振込み、窓口持参、インターネットバンキングなどです。多くの場合は選べます。

 

ここで注意していただきたいのは口座引き落としとATM入金の重複です。カードローンの中には引き落としの金額プラスアルファで支払いを出来る増額払いというものがあります。支払日当日以外にも支払えます。そうすることで元金が減っていくのです。

 

また、支払日が来ていなくても当月分の請求を支払える金融業者は多いです。ただし、支払日当日に引き落とせるだけの残金が残っている場合重複して請求がかかることもあります。契約書の記載を確認しましょう。

 

支払日と締日は必ず確認しましょう。締日というのはその月利用した金額の換算をする日です。例え、当月内でも、その日を過ぎると次の次の月の請求になるのです。支払ったと思っていたら実は、翌月請求ではなかったという落ちもあります。

 

また、口座引き落としの場合、他の公共料金等と同じ口座にしておきますと残高不足の時にカードローンだけではなく、クレジットカード、携帯、ガス、水道とありとあらゆるものが止まってしまいます。

 

残高不足の時融資で補填してくれるカードローンもありますが、借金が増えるだけなので注意が必要です。インターネットバンキングに提携していれば忙しくてもすぐ支払えるので便利ですよ。

 

銀行や他の金融機関が皆様の入金を確認するまでには若干のタイムラグがあります。通常は入金したら、すぐに融資可能枠は戻るのですが、入金した時間帯によっても、いつ反映されるかが違います。

 

そういった部分も考慮して支払い方法を考えましょう。窓口持参が一般的にはもっとも早いといわれています。自分が支払いやすい方法かも融資元を選ぶときのポイントです。